韓国だよ、みんな集合ーヨンハアニョン
今日 外を歩いてたら桜の木が綺麗な花を付けてました
入学式の様な親子も見かけました
やっぱり、入学式に桜は合いますね~

前記事で紹介したヨンハを語るヒスンさんの動画
まるさんが訳してくれました (いつもありがとう)

[動画]ペク·ジヨンのピープルInside - パク·ヒスンとパク·ヨンハとの縁ピープルinside

<字幕>


パク・ヒスンの
美しい縁


Q.故パク・ヨンハとの縁は?


心を包み隠さず明かしていた
後輩であり同僚


一瞬の
事故の如く去って行った
故パク・ヨンハ


大衆の中の孤独
一人で耐えなければならない俳優という職業





<音声>

※ イ・←インタビュアーです。何も書いてないのはヒスンさんの言葉です。



イ・たくさんの俳優たちと友情…であるとか、新密度の深さが誰より深いようですが。

すべて財産だと思います。

イ・そうですよね。

作品をしながら、作品も残りますが、

イ・はい。

そこに一緒に出演した人たちが私にとっては財産だと思います。

イ・パク・ヨンハさんが、一緒に映画をお撮りになる時、『作戦』?

はい、はい。

イ・その時のパク・ヨンハさんのインタビューの資料を見ますと
  先に(※ヨンハさんがヒスンさんに)近づいて行って
  『ぼくを可愛がってください』そう言ったそうですね?

はい。

イ・だけどそんなふうに『ぼくを可愛がってください』と言って来る後輩は
  本当に可愛いかったでしょう?

すごく可愛いかったですよ~。

イ・そうでしょう。

彼も私を可愛がってくれて。

イ・お互いに。

(笑)

イ・本当に良き先輩・後輩、良き友、となられたわけじゃないですか?

はい、はい。

イ・深い話もたくさんされましたでしょう。

そうです、私の家に訪ねて来た俳優はそんなにいませんが、
その中のひとりでもありましたし。

イ・そうしていて突然その…あのように寂しく、
  あのような決心をしたのかと思われたときに、とても衝撃でしたでしょう。

あの時は非常に衝撃を受けました。ですから、そんな素振りをしたこともなかったですし…

イ・全く…

はい、はい。

イ・そんなふうに親しくても…

うん…ですから私はその…うん…事故だと思います。

イ・うん…

若干彼が…偶発的だとか、でなければ、よく寝れなかったんですよ、

イ・うん…

ですから…事故だと思います、うん。ですから、それこそ大衆とともにいるわけですが、
大衆の中の孤独を感じるのが俳優のようです。
ですから…もちろんスタッフたちがサポートしてくれて相手役の俳優もいますが、
あらゆることを自分ひとりで耐えねばならないため、
そういったことがすごく…大変だと思います。


ヨンハを良く知るヒスンさんの「事故」の言葉は重みがあります
これは絶対に事故であって、マスコミが言うような事はないと思ってる
その気持ちに力を貰いました! ヒスンさん ありがとう(涙)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、今回の旅行 トトロは韓国語の友達と先に韓国入り
2泊した所でハツネコチームと合流
2泊でまた韓国語の友達と今度はチョンジュへと行く行程6泊の旅でした
韓国に着くまでどうなるか分からないハツネコさん…ドキドキ
12時にFaellhanと仁寺洞の「仁寺洞カフェ」でお茶をしながら待ちました
ハツネコチームがホテルに着いたとの連絡が入り出口に向かった時
沢山のサインが壁にあるのに気が付いたFaellchanが店のお姉さんに聞いてくれました

パギョンハは何度も何度も来てるけど、サインはオプソヨ~
でも、パギョンハのファンは良く来ますよって言ってました
(合ってるのかよ!じぶん 汗)


感動の対面をしたら、時間もないので早速行動です
前記事を読むと割とゆったりの様な感じも受けるでしょ?
そうは行かないのがこのツアー(汗)
なぜか~~?は画伯が執筆中なのでお楽しみ
話しは2日目に入ります

大体 寝る時間の事なんて予定には入ってません
いったい誰が考えたスケジュールなのか~~(笑)
夜もしっかり遅かったのに、この日の集合は朝の7時!
ロビーに7時に集合ね! うん 言ったはず… はず~~
なのに~ 画伯がこない(汗)
も、もしや部屋でひっくり返って倒れてないか?
まさか、まさか… 何度もドアをノックするあたしとハツネコさん
いや~~な予感も増し、1階に引き返す
まさか?いや、それは無いよね?あの寒さだし~無い無い
と、思いながら外を覗くと画伯はっけ~~~~ん
この凍えるような寒さの中、外でまつ… 道産子は強いわとみんなが納得だ

さ、リベンジのヨンヨンさんと一緒に5人が目指すはヨンハが待つメモパ
今回の宿が安国なので、野塔までが遠い
地下鉄を降りて、とにかくお花を買いたい
U子ちゃんが教えてくれた野塔の駅近くの花をみっけ

見つけたのは良いがどうも休みなのか何なのか
ドアには「御用の方はここまで電話をしてくれると有り難い」なんて札が下がってる
いやいやいやいやいや、電話なんて無理っすから~~~~~
と、とにかく朝ごはんでも食って待つか
近くにあったお安いキンパブの店でやっと朝ごはんです

朝ごはん

辛いのがダメなmoiさんはククス、ラーメンを2個にキンパブを3本
あ~~ もうダメ 満腹だわあたしたち
でも、これで一人300円位かしら(申し訳無い位に安い!)

お店のおばちゃんに花屋は何時に開くのか聞いて時間までマックでお茶
再度 チャレンジするも開く様子もなく… 諦めました(うぅ)
さ~ 此処からタクシーです
5人なので二班に分かれます
Aチーム~ moiさんとハツネコさん Bチーム~ トトロ、画伯、ヨンヨンさん
お墓に行くので花束が欲しいんですよ。だから途中で花屋に寄って下さいねとお願いしたら
「いや、途中には無かったな~」
と、兄ちゃん
いやいやいや、あたしたちゃ、何度も行ってますから~あるんですよ~と日本人(爆)

この日は日曜日、お墓参りの方が多くて車もいっぱいでした
ちょっと下で降りて坂を登る
あんなに寒かったのに、ここまで来たらなぜかポカポカの良い天気
日差しも差して春の陽気… ヨンハありがとう
リベンジのヨンヨンさんもやっと、来れました(涙)
先に一人のファンの方がいらっしゃいました 新潟からいらしたそうです
一緒にどうですか?とお誘いしましたが予定もあるらしくお別れ
手際良くヨンハのお墓の石も綺麗にふくあたしたち
もう、淡々と出来るようになったのか…
て、そんな訳無いですね 自然に涙は溢れるんですね

丁度 この日は4月1日のエイプリルフール
「ヨンハ~ もう違う人が出来ちゃったよ~ん」(ウソだよ~~ん爆)
ヨンハが慌てて出て来ないかな~とか、慌ててる様子も目に浮かびます
反対にヨンハが「これって、ウソなんだよ~ん」って帰って来くんじゃねぇ?
涙を溜めながら笑うあたしたち… 竹中直人の集団かっ

先にヨンハにあげてから、あたしたちが美味しく頂きました
かいこさんが北海道から冷凍して持って来たタイ焼きと野塔の駅で買ったお餅

タイ焼き

ナハハ 切っちゃった後だった(汗)
暖かい日差しの中 ヨンハと一緒に食べるおやつはまた一層美味しかったです
ずっとこのまま居たい気持ちを押さえて出発です
管理事務所でタクシーを2台呼んでもらいました
また野塔の駅まで戻り次の目的地まで電車で移動です
ふと、足元を見たら「あれ?ここはハワイ?」的な不思議な絵が

電車

これ足跡も波も絵なんですよね~ 電車の中よ~凄いわ 韓国

 ヨンハが愛したテンテンクラブが5月の改編で終了になるそうです…




                        トトロ

Comment 8

ハツネコ

いつも

まるさん いつも有難うございます。
ヨンハが慕っていたヒスンさん…
作戦の記者会見で笑いが絶えなかったヨンハとヒスンさん、
仲の良さが羨ましくて「何がそんなに面白いの~~」とジェラシーでしたっけ。笑
その仲良しヒスンさんが話した言葉が知りたかったです。涙
まるさん有難う~~感謝です。

私も一瞬の事故だと思っていますが、
事故ならそれも辛く堪らないですよね。
昨日は久々にスタコンを見ましたがヨンハの笑い声が愛しくて、
涙のツボにはまりました。ヨンハは笑ってるって~のに~  
ヨンハの笑い声も話す声も聞き慣れた声なのに懐かしい…
昨日は始業式で息子が1時間もしないうちに帰ってきましたが、
急に涙は止まらない… もう1曲だけ見せて~とお願いして見続けましたが、
ぽろぽろぽろ涙が止まりませんでした。

そんなヨンハについつい意地悪も言いたくなったエイプリルフール。笑
いろんなことを言って泣いたり笑ったりの竹中集団。
テントは外れて清々しさはありますが、やっぱりまだ違和感があるヨンハのまわり。
ヨンハさん、これはどうなんだい? ヨンハは落ち着けてるの?と聞いてみたり、
収納ケースの下にあるザル&道具は砂をふるうのかしら… お掃除道具かしら…
まさか、おままごとじゃないし…
「あなた~ ご飯ですよ~」なんて事も言って照れて泣き笑い。
こんな私達がうるさくて眠れないってか~~ さーせん。笑
かいこさんが持って来てくれた鯛焼きもタイミングよくヨンハファンのお友達から
届いたそうでヨンハとお茶することが出来ました。
お友達さん、美味しかったです~ 

そうそう忘れてましたけど画伯がいない!と青くなりましたね。
集合時間10分前に廊下に出た私も画伯に会わなかったし…
まさか10分以上前に1Fにおりて、
しかも寒~い外を散歩してるとは思いませんでした。 が~はくは道産子~♪
しかしこの寒空の近所散策が後に幸運をもたらします… ナハハ… 
トゥビコンティニュー 

テンテン… 終わるんですか。 なつかし… 動画有難うございます。

2012/04/07(Sat) 23:02

Edit | Reply | 

ヨンハに会うという事

ハツネコさん、トトロさん「韓国だよ、みんな集合」、笑ったり、涙ぐんだり、忙しかったです。
感動の報告に感謝です。

2012年の春、パソコンの前から、一緒に行けた気にさせてくれてありがとう。
食べ物写真や、トイレの換気スペース、電車の床と、目を見張る数々。

ヨンハアニョン、ぐっと来ます。

そして、新潟の人にもあの場所で会ったそうですね・・・
誰だろ、誰だろ・・・風と共に去っていったのでしょうかね。

つい先日、ネットサーフィンで知りました。
「キム・グァンソク」という歌手が居たと言うこと・・・
過去形です・・涙
切ない良い声の持ち主でした。
涙が出た・・

ヨンハの声も切ないと言われればそうかも(その部分も大好きです)
グァンソクさんは、日本で言うなら尾崎豊?と書いてるブログもあった。

32歳目前にして、電気コードで・・・奥さんが自宅で発○・・
一気にテンションが↓でしたが、
そのグァンソクさんの歌を、一般人が歌うコンクールが今も続いているらしいし、友達や後輩歌手によって毎年命日近くに追悼コンサートが開催されている事も知りました。

最後の彼の歌詞には「生きることは・・大変なこと」のような内容だったとか。
映画「JSA」はあまりにも有名ですが、映画の中で「キム・グァンソクは何故自殺したのだろう」という台詞まであるそうです。

その映画のOSTにも彼の曲が入っているとか。

1996年に消えてしまった歌手を、今も韓国国内で惜しまれながらも追悼し続けている。
その歌を、ものまねではなく、素晴らしい歌唱力を持った人達が、その人の個性で歌い上げているのです。

動画サイトで見た私は、ヨンハなら喜ぶのかな?
もしも、今も大好きな人達が、国を問わず集い、追悼する事が可能か?
あの声だからこそ聞きたい、意味がある?という想いと、思いっきり、ヨンハの歌った歌を表現したい仲間や人々からも感動をもらいたい  という想いがふつふつと湧いてきました。

ヒスンさんならどう思うんだろう?
トトロさん、ハツネコさんご一行様方、一度、あれこれとグァンソクさん関連の動画も見て、何か感じるものがあったら、教えて下さいね。
今夜は、妙にまじめな夏でした。

2012/04/08(Sun) 02:04

Edit | Reply | 

トトロ

すいません

ハツネコさん 夏さん コメントをありがとうございます

昨日は、コメントが入って無かったので早々と就寝
今日はヨンハデーって事で、ヨンハ巡りツアーい行ってきました
いつかは行きたいと思ってたパクパク池・・・やっと行けました(涙)
こちらも後日お知らせしようと思います
今日は、みなさん思い思いのヨンハデーを過ごしたでしょうね

でもって、またお返事が書けず本当にごめんなさい
また、明日お返事を書きますので許してくださいね~

2012/04/09(Mon) 00:23

Edit | Reply | 

moi

どうにも落ち着かない日々で・・・

もうヨンハの元から帰ってきて一週間たってしまったんですね。
毎日がとても早く過ぎていきます。
トトロさんハツネコさんには本当にお世話になり、ありがとうございました。
なのに~お礼が遅くなってゴメンナサイ!
ヨンハとペルちゃんに会いに行くソウルツアーちょいから♪ハツネコトトロ超一流ガイドコース
一人では絶対に行かれなかったはずの美味しいところばっかり~♪
感謝感謝です~~~~!!!

ヨンハはこれからもずっと若くて素敵なままなのに、確実に年齢を重ねる私。。。
2007年の初ソウルでは2泊で6時間くらいの睡眠時間でも帰ってきてすぐに仕事バリバリでしたが
今回、目いっぱい飲んで食べて笑って泣いて、思いっきり楽しくて嬉しくて悲しくて~~~
やっぱり階段を一段踏み外して転んで、なんともなかったのはヨンハが助けてくれたということにして~~~
それでも~はぁ、身体が悲鳴を上げてましたぁ(汗)

この春は皆でヨンハに会いにソウルへ行くことが一番でしたが
その他にも孫の初節句、お彼岸のお墓参り、親戚の告別式、息子の消防学校終業式で大阪へ、甥っ子の結婚式で横浜へと、たった一ヶ月ぐらいの間にいつに無いほどの予定がぎっしり。。。
ヨンハが大活躍していて追いかけるのに目が回るほどだったときの感覚に似ていているような気分。
どこで何をしていようと、いつでもヨンハと一緒にいられるんだと思い続けていたのが効いているのか?!
もちろんソウルにいる時が一番ヨンハを感じられやすいから、今回の分刻みコースは本当にありがたかったです。
ヨンハが撮影した場所、通ったお店、残したサイン、暮らした町。
透き通る青空も、気持ちよく吹き渡る風も、優しく落ちてくる雨粒も、夜空に見つけた小さな星も
美味しく食べる幸せな気分も、若さあふれる喧騒も
全部全部ヨンハそのものでした!
確かにここにいるんだよ~ヨンハぁ~!!!
帰ってきてからも旅レポ・写真etc全部お任せで申し訳ないですが
今までもこれからも、ずっとずっとヨンハが大好きで、ヨンハを応援しつづけて、
ヨンハのあの時のあんなことこんなこと、ずっと一緒に語り明かせる仲間がいてくれて
本当に本当に感謝しています!ありがとうございます!
(まだこんな時間なのに、もう、まぶたが落ちてきたぁ~おやすみなさい)

2012/04/09(Mon) 22:09

Edit | Reply | 

トトロ

やっぱり泣けるんですね

ハツネコさん ありがたいですね~
今回の韓国の旅でも、聞きとりの難しさを改めて痛感しました
言いたい事は言えたとしても、返ってくる早口の韓国語に頭が真っ白です
な、なんとかジェスチャーから連想して分かるって始末(汗)
ましてや、このヒスンさんの言葉は未知の領域です
ヒスンさん 本当にヨンハと仲が良くてテレビでも見せつけてくれましたよね
作戦の舞台挨拶で韓国中をまわってる時も、あたしたちヨンハのファンにもとっても優しくて
バスに乗ったヨンハがカーテンで見えないと、指をさして「ここ、ここにいるよ」
と、教えてくれたのを思い出します
ヨンハの友達でも、いろんな事を言う人がいましたよね…
あたしゃ、これでヒスンさんに着いて行こうと決めました(涙)
確実な事はヨンハじゃないと分からないけど、ヨンハの事を本当に分かってくれる一人だったんですよね

一番新しいスタコンでも、懐かしいと思えるんですね
これから、もっともっと懐かしいものが増えるのかと思うと、やり切れない
あたしも、ハワイの独り言のヨンハを最近見たんですよね
あれを始めて見た時には、心パク数が上がりましたよね~
ちょっとだけ、ぽちゃっとしたヨンハの上半身に釘付けでしたっけ(すいません)
カメラ目線で、どアップで語るヨンハ
風呂に入るヨンハもごっつあんです~!
あのヨンハは何処に居るんでしょうね(涙)

家族の前で、好きな男の為に涙を流す姿を見せるのは超勇気が要ります
てか、できませ~~ん(汗)
ハツネコ家はそこんとこオープンで家族の仲の良さが伺えますね
胸がワクワクするつぼよりも泣けるツボが多くなりましたね
笑うヨンハの方が泣けるのかしら
いや、サランハンフエで酒を持って山に向かって泣き叫ぶヨンハを見てもツライ
意外とね 昔のメガネヨンハを見てる方が笑えそうです(おいおい)
メガネをかけてた頃のヨンハは初々しくて、あどけなくて可愛いわね
だって、ヨンハを考えるだけで、いけませんね(涙)

ヨンハの所もテントが無くなったせいなのか、日差しが差してポカポカ陽気でしたね
テントが無くても、ひるむあたしたちじゃ無いですよね(笑)
テントが無くなってすっきりしたついでに、ヨンハの周りもすっきりさせたい
古くなって色あせた物は、片付けた方が良い気がしましたね
でも、ヨンハのファンだからと自由に出来る場所じゃないはずですもんね
今回はお花だけ持って行きましたけど
あちこちに、多彩な物があってびっくりです

収納ケースもまだありましたね
お墓に収納ケースも、ヨンハの所だけでしょうね
そうそ、その下にはざる?ありましたよね?
あれは、何に使うのか謎のまま帰って来ましたっけ
あそこで料理はしないわよね?(汗)

タイ焼きも、似たようなものが韓国にあるんですよね
ちょうど、後ろにずっと居た韓国人の親子が居たのでお嬢ちゃんに1個プレゼント
とっても喜んでくれて良かったですね~
これで、ヨンハの株も上がったでしょう(笑)
何も出来ないあたしたちだけど、ヨンハの評判を下げるのだけは避けたいですもんね

画伯をさがして、二人で4階まで上がりましたよね
今回は安宿なんで、一人部屋
とっても、楽ちんでしたね(コンセプトは屁も自由)
だもんで、もしかして画伯が風呂でひっくり返ってても誰も分からない
何度も何度もドアをノックするも応答なし…えっ
不安がよぎりましたが、外で悠然と待ってましたっけ(笑)
でも、何でもなかったと安心しました
画伯のヌードを見るのかしら~とぞぞっとしました(おい)

テンテン最終回 トイレに入って泣いたのも昨日の事の様に記憶に残ってます…

2012/04/09(Mon) 23:28

Edit | Reply | 

トトロ

この方も良い声ですね

夏さん 韓国に行くと言う事… それはヨンハに会いに行く事
お墓やお寺に行くだけがヨンハに会うことでは無く
韓国の風に吹かれ空気を吸って、美味しい物を食べてる時もヨンハに会ってると思ってます
韓国のいろんなとこを見て帰ってね~とヨンハが言ってるようで
知らなかった韓国を見る度に喜びが倍増です
でもって、帰る時は本当に悲しい…

どうしても行けない人も、このレポを読んで写真を見て夏さんの様に思ってくれたのなら元は取れましたね(笑)
電車も人が乗ってるので、足元とは言え中々勇気が要りますね
トイレのあの狭いドア(じゃないのか)も写真に撮ってたんですね~ハツネコさん(爆)
な、なんか~ブログ病ですかね?取り合えず撮っとけ~の精神
なのに、カメラのバッテリーがおかしくて充電しても充電になってなくて
後半はバッテリーとの勝負でした(汗)

ヨンハの所で会った新潟の女性は、もしかしたら夏さんの知り合いだったりして?
とっても上品な奥さまって雰囲気でした
あたしたちのグループには居ないタイプでした(おい)
名前も聞かなかったし名乗りませんでしたが、もし判明したらご一報下さいね
そそ、帰りぎわに白い菊の花束を持った若い男性がいらっしゃったんでした
ひとり、しんみりとヨンハと対面してるので声を掛ける事もせずに後にしました
ヨンハの友達だったのか後輩なのか… あれからヨンハと話しをしてたんでしょうね
声だけでも聞きたいわ… ヨンハ

キム・グァンソクさん 見てきましたよ
この人ももう居ない人なのかと思うとその頃を知らないけど悲しくなる人ですね
なぜだろ… 歌詞を話しの内容が胸にくるからなんでしょうか
みんなに愛されて順調だと思ってた時の…
昔のフォークの様な響きで聞いていて癒されますね
尾崎豊と言われるのも、みんなの気持ちを代弁したような歌詞が多いからでしょうね
沢山の人が彼のうたをカバーしてずっと愛されてる事は家族のかたも嬉しいことですね
10年後にはべストアルバムも出たようで、それには未公開の彼の日記のようなものも公開になったようです

10年後… そんな日も何時かはくるんですよね
その頃、あたしだってどうなってるか分かりません
でも、その時が来るまでボケ無い限りヨンハを思ってると思います
そんな人たちが集う 良いですね~
国も言葉も年齢も超えてヨンハを語り合う
ま、またヨンハは肴ですが(爆)
こんなに、いろんな顔がある男は飽きないですもんね
そして、ヨンハと親しかった友達とヨンハを語り
ヨンハの歌も歌う… 良いですね
何時かはきっとそんな事が出来る日がくるでしょうね
でも… 誰でも良いって訳はね?笑(汗)ゴニョゴニョ

今日は夏さんのお返事を書きながら、またヨンハの事をいろいろ考え
更に恋しくなりました ヨンハや~~~~

2012/04/10(Tue) 00:20

Edit | Reply | 

トトロ

ありがとう

moiさん コメントをありがとうございます

2泊でしたけど強行スケジュールでしたから疲れましたよね
それでも、ちょっとだけスケジュールを変更してスルーもしました
あたしも長旅の疲れか50肩が悪化しまして、注射をしてもらってきました(汗)
これが辛い 中高年ですね(笑)

さすがにこんな時間 あたしも眠くなりました
お返事はあした・・・ すいませ~~ん

2012/04/10(Tue) 00:29

Edit | Reply | 

トトロ

疲れは取れましたか?

moiさん もう1週間経ったんですね
2泊3日なので、詰め込み詰め込み詰め込み詰め込み(どこまで~)
超過密スケジュールだったので、moiさんもお疲れだったでしょうね
韓国に居るのに韓国の風景を楽しめたのか心配です
分刻みのスケジュール 途中で3時間押し(汗)で結局また夜が遅くなったり
過酷なサバイバルレースの様相のこのツアー
みんなの疲労も頂点だったかも知れませんが
前回も、すっ転んだmoiさんが、今回もまた階段でけつまずいたので、またびっくり(;゚Д゚)!
で、でも怪我が無くて無事に帰国できて良かったですよ~

moiさん 意外と体力が無かったりするのかしら?
いや、か弱いって言うのよね~そそ

韓国で一人 困るのが食事ですよね
一人で食べられるものが少ないのが残念です
やっぱり大人数で行くと美味しいものも食べられますね
でも、moiさんは辛いものがダメだから辛いものが美味しい韓国では、ちょっと損をしてるのかしら
あたしたちばかり食べてるようで申し訳ないです

今年に入ってからの超忙しいmoiさん
そこに分刻みの韓国の旅が入ってとどめでしたね(汗)
だんだん 疲労が抜けるのが遅くなって行きますね
もう少し時間が取れれば、もっとゆったりと動くほうがあたしたちの歳には良いでしょうね
最後のチョンジュの旅はのんびりしたせいか、帰っても元気いっぱいでした
さすがにヨンハを追いかけるのも息が切れる年頃になりましたね

いえいえ、レポを書き終えてこそ韓国旅行終了の管理人
この先 何かあるかも知れず、のんびり引っ張って書いてますので大丈夫ですよ~
終わる頃に、何か発表があるかもと期待しつつ・・・
韓国はヨンハが生まれて育った大事な場所
でも、日本でもヨンハを感じられる所は沢山ありますよね
ちょっと、予算は掛りますが(うぅ)
韓国にも居なきゃいけないし、日本にも台湾にも~
ヨンハ 今の方が忙しかったりしてね(爆)

こちらこそ、思い出を作れたことに感謝します
ありがとうございました
体に気をつけて下さいね

2012/04/10(Tue) 21:21

Edit | Reply | 

What's new?